スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドタキャンねぇ・・・

ちょっと日にちが空いてしまいました。
いろいろと忙しくて・・・
という最中に、「華原朋美、契約解除」というニュース。
連絡が取れないとか、ドタキャンするとか、
酩酊状態で警察に保護されたとか・・・
某TKさんと破局後はいろんな奇行?が取りざたされたけど、
それ以来ですかね。

情緒不安定でも、仕事で忙殺されても、
やるべきことはやらないといけないし、
自分を見失ってもいけない。

グラ☆スタをどんどん盛り上げないと!
(自己啓発かい!)
スポンサーサイト

鎌田奈津美ちゃん

全国各地の美少女数百名を、電話帳みたいな分厚い本に掲載した「Be GIRLS」という本が年1回出版されるのだが、昨年暮れに出たVol.4の表紙&巻頭を飾ったのが鎌田奈津美ちゃん。

神戸の女の子なので、まだ会ったことはないのだが、マネージャーに聞くと、とにかく明るくて可愛い子だとか。雑誌社からの受けも良く、週刊プレイボーイやヤングサンデーなどで掲載実績もある。

敢えて自分が会うまでは写真を載せないつもりなので、皆さんちょっとチェックしてみて下さい。

私のコノミ

平田弥里(みさと)ちゃんのDVD発売イベント~写真集発売イベントのはしご。

弥里ちゃんは、今や「ウルトラマンメビウス」のアマガイコノミ役で人気を博し、その役でかけていた眼鏡がトレードマークとなっている。それにちょっと幼い(ロリ系?)声がそのスジには受けるのだろう。

私は、そのアマガイコノミ以前の、グラビア系としてDVDを出していた1年半ほど前に、Yahoo!動画でセカンドDVDのダイジェストを配信していたのを見て、非常に魅力的に感じた。その直後にDVD発売イベントがあって行ったのだが、実はポッと出でもないキャリアの持ち主にもかかわらず、とてもピュアで清潔感があり、とても虜になり、珍しく事務所を調べてファンレターを出したほど。

そして、メビウス出演後、あっという間に人気者になって・・・という感じだが、相変わらず透明感のある感じのいいコだった。結構今回のDVDと写真集は、パッケージからして衝撃的というかセクシーというか、大人路線を狙っているようで、ちょっと複雑な気分。でも、応援してまっせ。



関西弁もあり、さ

秋葉原で黒田有彩(ありさ)ちゃんのDVD発売イベントに参加。

有彩ちゃんは、見た目は、矢吹春奈のような、長澤まさみのような、正統派の美少女なのだが、現役お茶の水大生(しかも物理学)という肩書き付きで、しかも兵庫出身の関西弁の女の子。セカンドDVDにして初めてのイベントで、なかなか楽しませてくれた。

去年の学園祭で着たはっぴを着て登場したり、最近覚えたてのギターで弾き語りしたり、頑張っておりました。

10年後は立派な女優さんになっていたいとのこと。今は不思議キャラなんだが、いつか方向転換するのかしら・・・





【予告】撮影会モデル募集

8月から【グラ☆スタ】レーベルにて、撮影会を実施する予定です。基本は日曜日実施ですが、現在キャスティング中です。都内スタジオで4部制を想定し、モデルは1日2名です。衣裳は、水着、コスプレ、私服の予定。

既にグラビア等で活動している女の子に出演してもらう予定ですが、未来のグラビアスターを目指す新進気鋭のコも募集していきたいと考えています。具体的な要綱は改めてご案内しますので、その際は奮って参加頂きたいと思います。

もちろん、撮影会に参加したいカメラマンの方へのご案内も近々に開始しますので、宜しくお願いします。

八代みなせの艶(つや)

八代みなせちゃんには、独特の艶がある。
もちろん、そのナイスバディが醸し出す色香もあるのだが、その落ち着いたものごしが何とも言えないしっとりさを持っている。ある意味ためらいがちに話す言葉が、癒しをもたらしてくれる。

去年の3月のファーストDVDイベントで初めて会って、その後幾多となくイベントには参加している。ファーストから50人を超える集客があったのも驚きだったが、その後着実に動員を伸ばしている。撮影会でもかなりのファンが訪れる。事務所移籍などの転機もあったが、実にすくすくと育っている感がある。

一方では、優等生路線ゆえに、衝撃的なブレイクショットがなかなか出ないのも事実だが、まあそれはそれで彼女の個性ということで、地道に確実なファンをつかんでいく方がお似合いである。

ふと思い出した。昔ちょっといいなぁと思った岐阜出身のコと、彼女は何となく似ている。



礼儀正しいmanaちゃん

manaちゃんという新人アイドルに会った。

見た目ロリ系だが、ハキハキして礼儀正しい。
アンミラっぽいコスプレの撮影会の合間だったので、
そのギャップも楽しかったが。

マネージャー曰く、根性のあるコらしいので、
期待して見守っていきましょう。



植木綾香ちゃんの言葉のアヤか。

ほんの数ヶ月前にDVD発売イベントで見て、ちょっと(いや、かなり?)応援している植木綾香ちゃんという新進アイドルがいる。マネージャーがいい方で、お話しする機会も多かったりするのだが、何か目新しいことを企もうということで、自発的にいろんな企画を潜行させている(お披露目できる日はまだ先かもしれないが・・・)。

ちなみにその綾香ちゃん、好物は焼肉(特に牛タン)らしく、自己紹介のときに「牛タンのおいしい焼肉屋をたくさん知ってます」というのが売りだった。

まあ昔のアイドルなら、好きな食べ物は「メロン」とか「イチゴ」とかだったが、今時牛タンぐらいは許容範囲。レバ刺しでもガツ刺しでも賞賛される時代なんだろう。

どうも業界人は焼肉好きだという一般の先入観があって、何かと打ち上げや懇親会で焼肉屋が重宝される。確かに「肉を食う」という人間の本能的な行為が「素」の自分を醸し出すのであろうか、フォークやナイフでお行儀良くお食事をするよりは、焼肉を焼いたり食べたりしているときの方が会話は弾む。そして何よりも、「焼肉食べに行こうか」というのは、とても気取らずに気軽に発することができる誘い文句のような気がする。

後に、綾香ちゃんに聞いた話だが、実はそんなに(異常なほど)牛タンが大好きなわけでも、おいしい店を知ってるわけでもないそうだ。ただ、つかみとしてインパクトを与えるためにそこまで言い切っているのだとか。こりゃなかなか大物になる予感をさせますなぁ・・・



村上恵梨ちゃんからの手紙

かつてサッポロビールやユニチカのキャンギャルを務めた村上恵梨ちゃん。
名古屋を拠点として活動している女の子で、実は私の中では相当大好きなコである。以前DVDで「私、本当に怒ったことがないんです」と語っていたように、根っからの天真爛漫な性格と思われるが、一方、童顔に似つかわぬ見事なプロポーションは特筆に値する。

その恵梨ちゃんが、去年久々にDVDを発売し、秋葉原で発売記念イベントを実施した。なかなか東京に来る機会も少ないので、心躍る気分だった。イベントは2会場で行われ、トーク、撮影タイム、握手会などお決まりのメニューが進んだ。

私は、2会場でイベントがあってその両方に参加する場合には、1会場目で撮影した写真を早々にプリントし(デジカメなんですぐね)、額に入れてプレゼントする、という芸当をよくやる。まあその日も例に漏れず、1会場目の恵梨ちゃんの写真をプリントし、2会場目の握手会で渡したわけだが、そのときの恵梨ちゃんの喜びようが尋常ではなくて、目に涙を溜めていたほど。いやあ、嬉しい限りですわ。

で、数日後、恵梨ちゃんから御礼のハガキが届いた(ちなみに、私の常套手段として、額の裏にメッセージ入りの名刺を貼って渡したので)。その文面からも嬉しさが伝わってきて、何より私も感激だった。

ところで、アイドルから手紙(ファンレターの返事とか)をもらうことは、長年アイドルウォッチャーをしてきた私としても、極めて感動的な出来事である。昔は、好きなアイドルの出ているラジオ番組に往復ハガキを送って、返信が戻ってきたら大喜びしたものだ(かなり低い確率だったが)。しかし、最近はまた一層確率が低い出来事に思われる。こう言っちゃナンだが、ファンとアイドルの距離は昔に比べれば近づいている気もするのだが・・・恐らくブログがあるからなんだろう。情報開示だけでなく、ファンとの交流もブログでできる時代だから、きっと手紙を出したり、もらったり、という文化が薄れているに違いない。

古いタイプの人間なのか、私は今だに手書きの物の方が心が伝わると思っているので、アイドルとブログで交信するよりも、手紙のやり取りができると喜ばしい。それが、年に一度もない頻度だったとしても・・・。

工藤里紗のディープなインパクト

工藤里紗ちゃんを初めて見たのは、確か2004年暮れの「FRIDAY」のグラビアだったと記憶している。今でも思うのだが、特段美人でもないし、誰よりも絶対的に可愛いというほどでもないのに、何故か堂々とした登場感があり、強烈なインパクトがあった。

翌年、「うまッチ!」というフジテレビの競馬番組のお天気お姉さんとして登場し、それをきっかけにブレイクするのだが、おかげで私は一生やるもんかと思っていた競馬をやり始めてしまった(因果関係なし?)。初めて買った馬券は、日本ダービーのディープインパクト、単勝1,000円。見事的中したが、オッズは何と1.0倍。まさに“行って来い”だ。

時を同じくして、里紗ちゃんのファーストDVDが発売になり、秋葉原の石丸ゲームワンでイベントが行われた。私は何年かほったらかしだったデジカメを持って向かった。多分、相当久しぶりにアイドルのイベントに行った気がする。もしかすると、1998年の日テレジェニックのDVD発売イベントで、原史奈とかサトエリを見て以来だったかも。まあ、ともあれ、久しぶりにアイドルイベントに向かわせる魅力が工藤里紗にはあったんだろう。結局それ以来、DVDと写真集の発売記念イベントは皆勤している。

思い出すだけでもいろんなイベントがあったが、一番印象的だったのが、石丸ソフトワンに300名を集め、会場に入りきらなくなって、前列から順番に、1分撮影をして、握手して、即退場という、トークタイムもない驚異のオペレーションだったとき。私は妙なクジ運で、最前列だったので、あっという間だった(里紗ちゃんのイベントに限って1桁台を引くことが多い)。さすがに最近のイベントはそこまで動員しなくなったが、それでも100人近くは集まる。

結局いつも里紗ちゃんのイベントに参加して思うのが、毎回毎回人懐っこい笑顔を見せ、なおかつ微妙にやる気があるんだかないんだかわからないサバサバした感じのトークを繰り広げ、笑わせてくれる。ある意味では安心感を持てるのだが、欲を言えばいい意味での裏切りがない。最近は、某作家のワークショップにも通い、本格的女優への道を歩んでいるようだが、今一度、初めてみたときのようなディープなインパクトを与えてくれることを期待している。
プロフィール

マンモス☆南

Author:マンモス☆南
グラビアアイドル・モデル撮影会「グラ☆スタ!」主宰のマンモス☆南です。

撮影会のほか、ネット番組やトークライブ、演劇ワークショップやフットサルイベントなどをプロデュースしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
グラ☆スタ!イベント情報
4月3日(金)
藤塚みゆ ナイト撮影会

4月4日(
青山ひかる・有村 瞳 撮影会

4月5日(
相田瑠菜 春のファンミーティング

4月8日(水)
グラ☆スタ!バンバン定例トークライブ Vol.60

4月9日(木)
ぱじゃ生。オフ会 ♯1

4月11日(
小笠原奈々・りゅうあ 撮影会

4月12日(
萌木七海・小牧まこ 撮影会

4月12日(
水沢あいり ナイト撮影会

4月14日(火)
吉田まりみ ナイト撮影会

4月18日(
葛城あさみ・胡桃彩子 撮影会

4月19日(
吉田早希・中川朋美 撮影会

4月19日(
加藤美結 ナイト撮影会

4月25日(
小野紗也香 スペシャルファンミーティング♯06

4月26日(
鈴丘めみ・片瀬美月 スペシャル撮影会

4月26日(
GFC(グラ☆スタ!フットサルクラブ) 第28回イベント
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。